本編のプロローグ部分となる体験版はコチラ

『プロローグストーリー』


昔から良く、星の降る夜には空を見上げた。
何で見上げてるのかわからなかったけど、何となく。
近くの神社、その裏丘で。
ある日、司がいつものように星を見ていると、見知らぬ女の子が司の顔を覗き込んできた。

藍田奈美。二つ上の女の人。
二人はその日から、時々一緒に星空を見上げる仲になった。
そうして、段々と仲良くなって。
……やがて、司は奈美に、恋をした。
変わる認識。友達じゃなく、好きな人。
ある日、司はその思いの旨を奈美に伝えた。
そうして、二人はめでたく交際することになった。

でも、恋人になっても、二人の関係は大して変わらなかった。
特別、恋人らしいことを何かするワケでもなく、それまで通りに過ぎていく時間。
やがて、司はそんな関係に焦り、奈美に恋人らしくしたいと告げる。
奈美はそれを受けて――キスをした。
それは、奈美の誕生日のことだった。

これで二人は幸せになる……と、希望していた。
それが、司の願いだった。
でも、本当は司はわかっていた。
奈美の本当の気持ち。
奈美は、いつも別の場所を見ているのだということ。
だから司は焦って、一つになろうとして……。

……やがて、毎年恒例の七夕祭りの夜がやって来る。
今年の祭りは、星の降る夜。
司はそこで……ある決心をして――。


傍から見ればどうでもいいようなことなのかもしれない。
かと思えば、本当に辛い悩みなのかもしれない。
それとも、ただ真っ直ぐな純真だったのかもしれない。
そんなものに押しつぶされないように、彼らはもがいて……。

一つの恋が終わりを迎え、そして、また新しい恋が始まろうとしていた。